名刺作成時にサンプルでチェックすべき事

会社員が人付き合いをしていく中で大事になってくるのが名刺です。情報の塊である名刺には、自分や会社を説明するという重要な役割があります。そんな名刺の見栄えが良いと胸を張れますよね。ここでは、名刺作成時にサンプルでチェックするべきポイントをまとめました。

最終確認を行う時にどんな部分に目を向ければ良いのか書いていくため、これから名刺を作る人は参考にしてください。

名刺作成50枚人気サイトは?

サンプルは必要?名刺作成の最終確認は行うべき!

名刺作成の時にサンプルは重要な役目を果たします。いきなり実物の名刺を作る人もいますが、そうすると思わぬ点で問題が起きてしまうため初心者の人はやめておいた方が良いです。とりあえず名刺を作ろうと思ったら、最初にデザインを決め、名刺に記すべき内容を考えるのが普通の流れとなります。

その後に、実際の出来栄えを確認するためにサンプルの完成を待つのが一般的なのではないでしょうか。しかしここでやっかいなのが、パソコンやスマートフォンのモニターなどでデザインを決めていく事が多いという点です。

モニターで見る場合と実際の目で見る場合では、見え方が違います。そのため、実際に手にした時の厚みや重さ、サイズや質感などを確認する時に、サンプルの存在が重要になってくるのです。

最初に目を通すべきポイントは基本的な内容

一番最初に目を通すべき点は、名刺に記された内容です。自分の名前や会社の名前、役職や部署の情報が間違っていないか真っ先に確認しなければなりません。その次に大事な点となるのが連絡先です。ここが間違っていると、円滑な業務が行えなくなってしまうため、慎重に目を通していく必要があります。

特にメールアドレスや電話番号などは、一文字間違っているだけで記入した意味がなくなってしまいます。相手から連絡を受け取る必要がある時は気をつけなければなりません。その他に、名刺の余白部分を利用して一言添えているなら、その言葉に間違いがないか調べる事も重要です。

名刺の内容が少なくて簡素すぎる場合には、一言付け足すと良くなります。

モニターでは分からなかった項目をチェック!名刺サイズや厚みは真っ先に確認しよう

パソコンやスマートフォンのモニターを見つめながら作業している時には、分からない事が多くあります。画面上に映し出された名刺デザインの出来栄えが良いと安心したくなりますが、大量に作りだす前にサンプルで確認しておくべき事がたくさんあります。

その中の一つが、名刺サイズです。デザイン作成時に注意してみていれば、どれくらいのサイズかだいたい把握できるのではないでしょうか。名刺作成に慣れている人なら、数字を見ただけでどんな大きさになるのか想像できる人もいます。

しかし初めて作る人はそうもいきません。手に持った時のサイズが思い浮かばず、実際のサイズが分からないという人は多いです。そういった時はサンプルで確認する事が重要です。サンプルの名刺を手にして実際のサイズを確認し、名刺入れに収納できるかどうかまでチェックしなければなりません。

サンプル作成したのなら、そこまで気を配れるようになると良いです。一目見た時に出来栄えがきちんとしているとそこで満足してしまいがちですが、名刺を使う時の事まで想像してチェックを進めていかなければなりません。

作った時がゴールではなく相手に手渡した時をゴールだと意識すると良いです。その他に注目すべき点があるとすれば、それは名刺の厚みです。実際に何十枚もの名刺を管理しなければならなくなった場面を擦像してみると分かりやすいのではないでしょうか。

つきあいのある会社が数えるほどしかないならば、名刺に厚みがあっても問題はないでしょう。新しくできた会社などは、まだ名前が広まっていないため、そういった面に目を向けないかもしれません。しかし、何十・何百社とつきあいのある会社にとっては、もらった名刺が厚いという点はかなりの問題になります。

まず、名刺を収納する際にかさばってしまうのが大変です。後は、分厚い名刺を何十枚も収納した名刺入れがパンパンに膨らんでしまう事で、保管場所を確保する際に手間取ってしまうという問題も大きいです。そのため、相手の会社の事を考えるなら、作った名刺の厚みもきちんと確認しなければなりません。

クオリティの高い名刺を作成するなら!質感や加工にも目を向けよう

サンプル作成時にチェックすべき事は細かな面でもいくつか存在します。あまり目立たない部分かもしれませんが、名刺の質感にも目を向けておくと良いです。日本人は外国の人に比べて物の手触りに敏感です。販売商品をチェックする時は、自分の手に取って確かめるという人が多いのではないでしょうか。

そういった面を考えると、名刺の質感にも注目してサンプルチェックを行うのが良いです。手触りの良し悪しは、名刺の紙質に左右されます。名刺の材料にもこだわりたいという人は、高クオリティにするために色々試してみると良いかもしれません。

といっても、モニターでは質感を確かめられないというのが難しい点です。様々な材質ごとにサンプルを作るのも大変な作業になってしまいます。そのため一般的な名刺を作りたい時には、マット紙を選択すると良いです。名刺作りに慣れて来たのなら、他の材質に挑戦していくとスムーズにいくようになります。

その際に、丈夫な名刺を作りたいという時はケント紙が向いているという事と、高級感を重要視したいならヴァンヌーボやミラーコートなどが適していると言う事を覚えておくと便利です。しかし、名刺作成を頼む業者によっては取り扱っていないものがあるため、慎重に選ばなければいけません。

その他に細かい面を挙げるとなると、加工の有無もそうです。初心者はそれどころではないため、気が回らないかもしれませんが何度も名刺作成を行っている人は、一度は目を向けた事があるのではないでしょうか。他の会社員や会社と差別化を図りたいという時は、切り抜き加工やエンボス加工に挑戦してみると良いです。

一般的な名刺の形から外れてしまうため、管理しづらくなるという欠点がありますが、相手に覚えてもらうためには良い方法となります。サンプルチェックの時に物足りなさを感じたら、いつもと違う名刺を作ってみるのはどうでしょうか。

名刺作成で意外と見落としがちなのが文字サイズ

名刺作成時にはさまざまな面でチェックすべき事がありますが、意外に見落としがちな点が文字のサイズになります。大抵の場合、モニター上で名刺のデザインを考える時は拡大表示している事が多いのではないでしょうか。

大きくなった文字サイズに慣れてしまうと、サンプルをチェックした時に小さく感じてしまう事が多いです。そういう時は他の人の名刺を借りたり、すでに作ってある自分の名刺を用意したりして、文字の大きさが適切かどうか確認しておきましょう。

実際に見た時に読みにくいと感じたならば修正しなくてはいけません。名刺は様々な人に手渡す道具です。そのため、誰がみてもきちんと読めるように、適切なサイズに調整する事が大切です。